常勤の薬剤師とは異なる?派遣の薬剤師の役割とは

派遣なら選べる様々な職場

薬剤師が派遣で働くと一つの職場にこだわる必要がなくなります。ずっと同じ職場で働くこともできますが、楽しく働ける職場がないかと色々な職場を探して回ることもできるのです。契約期間が満了するまでは働かなければならないものの、その延長は互いの合意がなければ成立しません。数ヶ月程度の期間で次々に職場を変えていくこともできるでしょう。勤務日の少ない職場を掛け持ちして働くことも可能です。様々な職場を選べるのは派遣薬剤師の特権と言えます。

職場での常勤との役割の違い

派遣で働いていると職場では常勤の薬剤師とは役割が異なることがよくあります。短期間しかいない可能性が高いのが派遣薬剤師の特徴であり、その期間内で人材が必要なところに特化して仕事をする場合が多いのです。病院では外来患者の調剤を専門にすることがよくあります。調剤薬局でも実務重視になって在庫管理などの経営に関わる部分に触れることはあまりないでしょう。薬剤師として調剤などの実務を担うように求められるのが派遣で働くときの特徴です。

長い契約だと同じこともある

派遣の期間が長くなる場合には常勤と同じように仕事をする場合もあります。特に現場の人材がまるで足りていないような職場に派遣で行くとそのようになりやすいでしょう。契約期間を長めにする代わりに時給も高くしてくれることは多く、割の良い仕事だと感じるかもしれません。その分だけ常勤と同様に経営にも関わるような責任の重い仕事にも携わることになる可能性が高くなります。その点にも留意して仕事を選ぶことが派遣で働く上では大切です。

薬剤師の派遣の仕組みを覚えることで、医療機関や薬局などで人材不足の状態を解消できることが期待されています。