歯科衛生士の資格があるなら求人情報を見てみましょう

どんな歯科が自分に合うか見てみましょう

歯科衛生士として働くと言っても、歯科医院が開業している時間が長いと歯科衛生士の勤務時間も長くなります。ただし、長くなった分、給料に反映されれば良いのですが、長時間労働が当たり前で、残業手当もないという歯科医院もあります。このような待遇の悪いところは、できれば勤務したくありません。ですから、まず、良いと思った歯科医院に面接に行ったときに、残業手当のことなども遠慮なく聞いてみることが良いでしょう。後悔しないように、まずは疑問に思うことは聞いてみましょう。

休日をきちんと保障してくれる歯科医院は大切です

休みは働く人の大切な権利です。ですから、休みの日をきちんと保障してくれる歯科医院を選びましょう。確かに歯科衛生士は歯科にとって大切な役目ですが、事前に休みの日を言うことで、代わりの人を雇うこともできます。ですから、そのようなシステムがしっかりとできている歯科医院に勤務することが良いことになります。また、身内の不幸などどうしても休まなければならないときもありますので、そのような時はどうすれば良いかは院長などに事前に相談しておく方が良いでしょう。

自宅と勤務先が遠すぎるのは通勤が大変です

いくら勤務条件が良くても、自宅と歯科医院が遠くて通勤に時間がかかり過ぎると疲労が重なり、それが原因で体調が悪くなることが考えられます。また、気分が悪くなると患者さんへの接し方も冷たくなったりしてしまうことも生じてしまいます。ですから、通勤にあまり負担が生じない歯科医院に勤務ことは大切なことです。もし、良い歯科医院が遠いと思ったら、思い切って自分で歯科医院の近くに引っ越すと通勤の負担は軽くなり、その分仕事のストレスも減ります。

歯科衛生士の求人を探しているなら、数多くの募集が出ていますので選び甲斐があります。勤務地や報酬の希望を明確にして、さまざまな求人を見比べることが大事です。