これはやっておこう!外資系企業への転職の準備等について

まずは情報を集めましょう

自分が日本の企業に勤務していて、外資系の会社に転職したいと思ったらまずはその業界のことや企業文化などについて準備しましょう。外資系企業の場合は、昇進の基準も日本企業と異なることが少なくないので、失敗しないためにも多くの情報を集めることは重要です。できれば転職する候補にリストアップしている会社の内部事情に詳しい人にアクセスしてみるとよいです。昇給の基準やどの程度日本人がいるのかなども内部の人に聞くと安心できますよね。

複数の人材紹介会社に登録しよう

外資系の人材紹介会社や、日本の人材紹介会社のなかでも外資系の会社の求人を多く取り扱う会社が増えています。そういった会社に登録するのは無料ですし登録するのに時間的なコストはあまりかからないのでお勧めです。なんといっても求人を出している担当者と直接コミュニケーションをとってきた人が紹介会社のなかにはいるので、そういったコンサルタントから情報を引き出したり自分の能力や実績を十分にプレゼンテーションするのも有益ですよね。

面接の準備をたくさんしよう

外資系の会社といっても同僚が日本人ばかりの会社は日本国内に多くあります。だからと言って油断は禁物です。基本的には本社の指示に従って人材を採用するので合理的で厳しい判断をする人もなかにはいるかもしれないですよ。なので人材紹介会社の人から仕入れた情報を元に面接官から聞かれるであろう質問を用意しておきます。外国人のスタッフがいる場合は十分英語での面接が行われる可能性が高いので、英語で自分自身を売り込む準備をしておくのは必須なんですよね。

英語の転職に必要なスキルは、言うまでもなく英語力です。TOEICや英検の資格など、履歴書に示せるスキルを身につけておきましょう。