人に教えることの楽しみを味わいませんか!?

人に教えることの難しさ

皆さんは会社などで人に教えることってありますよね。自分でやるのは簡単だけど人に教えるのは苦手な人いますよね。僕は学習塾の先生をやっているので”教えること”を仕事にしています。小学生・中学生・高校生と学年によって教える内容は異なりますが教えるのが仕事です。人それぞれ悩むポイントが違うので教えることはとても難しいです。難しいからこそやりがいがそこにはあると思うのです。言葉や解き方などちょっとした変化で子どもたちは分かってくれます。

一緒に悩んであげることが近道!?

僕は、学習塾のバイトをしている先生たちには”一緒に悩んであげてください”とお願いしています。先生だからといってすぐに解くだけがいいとは限らないと思っているからです。中には、”すぐに解けなくてなんで先生をしているの?”と思っている方もいるかもしれませんが子どもたちは”出来ないことを共有して欲しい”と思っています。だから、先生経験の少ないバイトの先生方にはすぐに解けなくても大丈夫だと言っています。”先生も出来ないから一緒に考える!”と一言言えば子どもたちは分かってくれると思います。

生徒の気持ちが分かれば子どもたちが信用してくれる!

出来ない生徒の気持ちを分かってあげることが出来ると、自然と子どもたちから歩み寄ってきてくれます。先生経験が短くても生徒と共有できるものがあれば僕はすぐに始めることが出来ると思っています。人に教えることは難しいですけど、ふり返ってみれば皆さんにも子ども時代があったわけです。つまり、子どもたちと同じように悩んだ時期があったはずです。だから、その当時の自分を思い出しながら僕はこの仕事をしてもらいたいと思っています。

工場の求人に共通することとして、現場作業の機会が多いことや、研修制度が充実していることなどがあります。